2017桃園イラスト展示でのサイン会を開催、イラストでファンの心をゲット

 2017桃園イラスト展示—アジア崛起》は今日から3月5日まで桃園展演中心1階の展示会場で開催します。各国での上等なイラスト作品を展示する上に、知名イラストレーターを招いて週末のサイン会を行うことになっています。イラストが好きな皆さんもぜひせっかくの機会をお見逃しなく、現場へイラストレーターと近距離で交流しに行ってくださいませ。

2017年2月9日イラスト展示-サイン会(桃園芸術設計中心提供)

展示では、台湾、日本、韓国、中国、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、カナダなど10ヶ国でのそれぞれの文化を深く持っているイラストレーターのクリエイティブな作品が展示されています。ほかの一般的静態な展示と違い、今回、アジアイラスト展示はアニメ、映画、VR展示などの特別な手段で観衆を曽てのない、新たな体験を与えています。

映画アニメエリアに、台湾のイラストレーター「貓靈」が 《52Hz, I love you》の「魏徳聖」監督にイラストの元素を入れました。VRエリアは日本知名イラストレーター「窪之內英策」様がイラストを描いているとき、素晴らしいマルチメディアなミュージックとライトと伴いプロな創作道具、創作スタジオの様子を展示しています。それに三菱濃絵自動車やイラストレーターが頭で想像する桃園、初音ミク、カピバラさんなどのイラスト絵本を応用しているエリアもいろいろあります。展覧内容は相当に豊かです。

主催はたくさんの知名台湾イラストレーターを招いて、週末午後でサイン会を行います。11日、午後2時は「瑪麗不是女傭、悄悄畫、傲蕉猴、鮭子噴米粒」などのイラストレーターもやってきます。同日、午後3時、「微光分子、灰塵魚、Mengyu Chen Studio」などのイラストレーターも登場するようになります。

12日午後2時は「大盜韓不助、阿學R Xue、家常變Fun、憤怒男 呼嚕嚕」、午後3時は「安你好、吉米謝」も会場でサイン会を行いに登場します。

それに、大切なのは、「微光分子、灰塵魚」は桃園に限る優秀なイラストレーターで、彼らは今回展覧会のためにわざわざ「中壢馬祖新村、埤塘」などの桃園に限る豊かな特色のイラスト作品を描いてくれます。これらの作品で、「イラストレーターの想像している桃園」というエリアになっており、活動については無料ですから、皆さんのご来場をお待ちしております。

 

参考資料出所

What Are You Thinking About?